香取さんの購入時、こちらも新品が販売されていてどっちにしようか2日ほど熟考。
悩みに悩んで「一体も二体もそう変わらないだろう」という結論に達し、無事香取さんと一緒に我が家に来てくれたイタリアの駆逐艦リベッチオちゃん😊
このうひひ顔に一目惚れでした!

商品情報

商品名ねんどろいど Libeccio
メーカーグッドスマイルカンパニー
作品名艦隊これくしょん -艦これ-
価格5,602円 (税込)
発売時期2017年02月
原型制作西部秀寿氏

さぁ!イタリア駆逐艦の魅力、教えてあげるね?ねんどろいどリベッチオ、出撃です!

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』より、初のイタリア艦娘マエストラーレ級三番艦「Libeccio(リベッチオ)」がねんどろいど化。表情は「通常顔」「中破顔」「うひひ顔」が付属。お馴染みの砲撃エフェクト、魚雷発射エフェクトで砲雷撃戦が再現可能です。さらに緊急用のゴムボートが付属しますので、ほかの艦娘を乗せて救助をする事も可能となっています。そして、期間限定で登場したハロウィン衣装も付属する豪華仕様となっていますので、いろいろシチュエーションのリベッチオから南西の風を感じてみてください。

グッドスマイルカンパニー公式サイト説明文より

なんとなく「ふひひ顔」だとずっと思っていましたが「うひひ顔」でした。
リベッチオはイタリア語で南西の風を意味するそうで、彼女が属するマエストラーレ級駆逐艦は4隻とも風に由来する名前がつけられています。(一番艦「マエストラーレ」が北西の風、二番艦「グレカーレ」が北東の風、四番艦「シロッコ」が南東の風)
風に名前がついてるって、なんだか風流ですね。日本にも春疾風とか薫風とか野分とか北颪とかありますが、これらは風を含めた季節を表す言葉だと思うのでイタリアのそれとは趣が異なる感じがします。
イタリア料理の名前を見てても思いますけど、イタリア語って情緒豊かですね。

パッケージなど

白基調にパステルカラーの文字色で子供向けのやさしい印象のパッケージです。

ブリスター1
ブリスター2

とにかくオプションパーツが盛りだくさんなので、ブリスターパックはがっつり二段構成です。
袋に入ってブリスター裏に留められていることが多い台座も、ブリスターにちゃんと収納スペースがあります。きっちり収納したい几帳面さんに嬉しい仕様ですね。

写真いろいろ

かわいいけれど駆逐艦!
とりあえず砲撃エフェクトを全部つけてみましたが、海軍関係の知識がまるでないのでこの状態が実際あり得るのかどうかはよくわかりません。
艦これねんどろいどの艤装、ギミック凝ってて動かすの楽しいんですけど向きとかおかしくないか気になっちゃいます。

後ろから見た艤装はこんな感じ!
ファンタジックな禍々しさ全開のほっぽちゃん地味で堅実なグレーカラーの香取さんに比べるとなんだか可愛らしいカラーリングですね。
スクリューのイエローと救助ボートのオレンジがアクセントになってポップな印象。

艤装はがっちり脇下ガードなので、腕が干渉しがちです。
左手を後ろ手にした写真は、腕が邪魔で艤装と接続が出来ないのでちょっと手前に立たせています。

リベちゃんの豊富なオプションパーツの中でもとりわけお気に入りがこの救助用ゴムボート!
ちゃんと専用の持ち手で牽引出来るようになっています。救助されたい😊

※注意!救助ボートについて史実絡みの話

なんで救助ボートなんだろう❓と思って軽く調べました。
1941年11月8日から9日にかけてカラブリア南西沖で発生したイギリス軍(小規模水上艦隊/K部隊)とイタリア軍(輸送部隊)の夜間水上戦闘(デュースブルク船団の戦い)において、イタリア軍には駆逐艦フルミーネの沈没をはじめ商船が全滅するなど多数の損害が生じました。
9日朝、商船の護衛であった駆逐艦リベッチオは生存者の救助中に、イギリスの潜水艦アプホルダーの雷撃を受けて沈没したそうです。

比較的淡々と事実だけが書かれているだろうWikipedia ですら、読んでいるとちょっと色々とくるものがありますね。

中破顔は片目を瞑って涙目。かわいいけどかわいそう😢
いつも被らせるのを忘れちゃう帽子はこのように独立して飾ることもできます。下側の緑と白のストライプ部分のパーツが変えられるようになっていて、帽子モードの時はプラ突起を髪の毛パーツに挟み込み、独立モードの時は穴に支柱を差し込みます。
ちなみにこの帽子は主砲用方位盤だそうです。それって独立して浮いていいものなのかな…❓

ついでに、太ももについているのは防雷具(パラベーン)と呼ばれる対機雷装備だそうです。
このパーツは取り外しが可能。頭のリボンもそうなのですが、リベちゃんには細いリング状になったパーツが多くて、いつか有り余るパワーで引きちぎってしまいそうで不安です。大切に扱いましょう。

艤装の単品写真も撮ってみましたが、先の後ろ姿写真とまったく変わらなくて意味ない😂
両サイドの砲台は可動域広めです。おかげでやっぱり砲台の向きとか不自然じゃないかが妙に心配になったりしますが、まあこれスケールモデルとかじゃなくてキャラクターフィギュアなので細かいことは気にしない方向で!

ここまででも大ボリュームなリベちゃんですが、ハロウィン仕様に大胆なイメージチェンジも可能です。
かぼちゃのバルーンスカートが可愛いボディ、かぼちゃ色のシュシュが付いた右手、キャンディの包み紙みたいなリボン、お菓子が詰まったかご、ヘタをつまみたくなる帽子に、お化けに扮した方位盤さんとかぼちゃ砲台と謎のかぼちゃモンスター!
これだけで別バージョンが出せそうな勢いです。通常衣装かハロウィン衣装か、どっちで飾るか迷っちゃいますね😊

ところでイタリアでハロウィンってどうなの❓って話なんですが、アメリカや日本のような仮装パーティがないことはないけど、翌日の11月1日『諸聖人の日』と翌々日の11月2日『死人の日』の方が伝統的にお祝いされているみたいです。

どーる化とか流用とか

どーる化

かなり黄味の強い日焼け肌なので、ねんどろいどどーるの4カラーには合うものがない気がします。
強いていえばシナモンかなあと思うのですが、シナモンのボディを持っていないので確認ができません。入手したら合わせてみます。

オビツ11のサンライト(マットスキン)は浅黒なので微妙に合いませんでした…。
色々試したら追記します。

どーる化おすすめボディとMEMO

お勧めボディ1検証中
備考ハンドパーツ流用×(上腕と一体型)

以上、ねんどろいど 670「リベッチオ」のレビューでした!

投稿者プロフィール

Shilco
Shilco
小さいモノを作ることとデータを集めてまとめることが好き。ゲームもたまにするよ!
もなかちゃんとは実のきょうだい。

コメントを残す