タイトルがとんでもなくいかがわしくなりましたが、これ以外に言いようがなかった。
 ホットトイズのデッドプール(2の方)を購入しました。

 素立ちでそのへんに置いておくだけでも惚れ惚れするクオリティです。……が、せっかくの稼働フィギュアなので遊び倒したいところ。ささやかなドール趣味持ちとしては、X-MEN訓練生シャツ以外にも色々着せたい気持ちが疼きます。
 ほら、メイド服とか……メイド服とか……ちょっと他にすぐ思いつかないけど、メイド服とか。

インパクトが強すぎるメイド服

 でもこのデッドプール、上半身はともかく下半身は装飾品が多いので着せ替え遊びには向きません。
 それこそ公式付属品の訓練生シャツが違和感なく着せられる限界値というところです。

 一番問題になるだろう腰のベルトからして外せません。
 説明書にもご丁寧に記載があります。

 はい。というわけで、今回はメイド服を着せる第一歩として自己責任でデップーを脱がそうと思います。
 元に戻せるように作業経過を記録しておく自分用メモです。万一この記事を参考にしようという方がいましたら、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

ホットトイズ デッドプール2の脱がし方

手順1.ベルトの接着剤をはがして外す

 バックルを中心に向かって左側に接着部があるので、ベルトをちぎらないように慎重に剥がします。
 無事に剥がれたらポーチをベルトから引き抜き、ベルトループからベルトを引き抜き‥‥を繰り返してベルトを完全に外します。

 ポーチの順番とベルトループを通す位置は上の画像のとおりです。
 茶ポーチ(小)を一つベルトに通した状態でベルトループに通し、茶ポーチ(小)・茶ポーチ(大)・黒ポーチ×2・茶ポーチ(小)の順でベルトに装着。ベルトループに通してから茶ポーチ(小)を装着して接着‥‥で戻せます。

手順2.ホルスター等を外す

 引き続き腰回りの装飾品を脱がせていきます。
 その前に靴と足の装甲(?)部分を外しておきます。

 足がすっきりしたところで腰に戻ります。
 ポーチ付きベルトの下、向かってやや左側にバックルがあるのでここからベルトを外します。接着などはされていませんが部品自体がかなり小さいので、ピンセットや鉗子があるとやりやすいです。

 外したところ。
 このベルトで大腿部のホルスター等を吊っているので、これを外せば足の装飾も外れます。

完了!

 肩と胸部の黒いパーツはがっつり接着されていてどう見ても無事に取れないので、これが限界だと思います。
 装飾の多さのわりには接着箇所は一つだけなので、思ったより傷付けず脱がせることが出来て良かったです。

 なんだかちょっとデアデビルっぽいなと思いました。あと装飾外すと意外と細身ですね。

 外したパーツは上の画像のとおりです。
 作業過程で気付いたんですが、ホルスターのバックル(両サイドをつまんで外すタイプのやつ)、こんなに小さいのに人間用のものと同じように外せるのが感動しました。
 このパーツだけどっかに売ってないかなあ。

 装着手順もそのうち記事にしたいと思います。

コメントを残す